Make your own free website on Tripod.com
本文へジャンプ

長寿の秘訣

老化はどうしたら予防できるか!老化の犯人AGE老化物質

頭の老化を防ぐ
それには血管の老化を防ぐ。そのためには 高血圧を薬でさげる。ARBミカルヂィス、ブロプレス、オルメテックで、または
安価なACEで。 糖尿病があればチアゾリジン系糖尿病薬ピオグリタゾンを使う。認知症予防にACEのペリンドプリル、レニメックを。

          骨の老化予防にはビスホスネート剤アレンドロン、ビタミンD、ラロキシフェン等で


レスベラトロールの多い食品をとる。この物質は長寿遺伝子活性化因子です。 レスベラトロール入りの代表的な食物はブドウの皮、赤ワイン、ピーナツの皮。マウスなどの基礎実験では有効な働きが確認されているが、ヒトの健康や長寿にどのくらい影響するかは分かっていない。だが「マウスの実験と同じ量の赤ワインをヒトが飲むとすると、一日数百杯ぐらいになり現実的でない」(坪田さん)。

オメガ6系脂肪酸(リノール酸、ガンマリノレン酸) リノール酸(製品は紅花油、ひまわり油、コーン油、菜種油、大豆油、ゴマ油など)は、過去にコレステロールを下げる、体に良い植物油としてもてはやされましたが、実際にはコレステロールが下がるのは短期間で、長期的には逆に上がることがわかってきました。今では沢山とると肺ガン、大腸ガン、乳ガンなど欧米に多いガンや、アレルギーの原因とみられています。ロイコトリエンなどの悪性のエイコサノイド(炎症増強,免疫低下,アレルギー促進)を増加させる。                                                                                                                                                      

   インスリン作用を強める血中アディポネクチンをふやす。     食品では 大豆食品などにその効果がある。薬ではピオグリタゾンをオスモチンはアディポネクチン様ペプチドでピーマン、トウガラシ、トマト、キウイ、サクランボ、リンゴなどに存在。

オメガ3多価不飽和脂肪酸 (EPA、DHA、アルファリノレン酸) アマニ油フラックス油 紫蘇油エゴマ油 少量のオメガ9一価不飽和脂肪酸 オリーブ油 マカデミアナッツなど)等のアンチエージング食品を摂るようにする



                                                                     悪玉コレステロールを減らすスタチン薬を使う、超悪玉コレステロールをふやす中性脂肪を減らすそのために果糖、砂糖を減らす。脂肪分を摂らない。適度なアルコールにする。。                                                                                                                                                                                                                                                    
                                                                                                                                                                       


老化予防ダイエットLINK

老化の犯人



 
 
慢性腎臓病診療ガイド  アンチエージングニュース 

  上岡田医院癌検診  癌の予防15か条

 甲状腺外来  お知らせ     お知らせ2

 アンチエージングドック  認知症 アルツハイマー

 アンチエージングDIET  血圧は変動する