Make your own free website on Tripod.com
   上岡田内科医院   本文へジャンプ



健康寿命

 一生のうち、介護が必要だったり、日常生活に支障が出るほどの病気にかかったりする期間を除き、健康に日常生活を送れる期間を示す。単に寿命を延ばすのではなく、生活の質を重視する考え方に基づき、世界保健機関(WHO)が2000年に提唱した。

介護を受けたり病気で寝たきりになったりせず、自立して健康に生活できる期間を示す「健康寿命」を厚生労働省が初めて算出、2010年は男性70・42歳(10年の平均寿命79・55歳)、女性73・62歳(同86・30歳)になったとする結果を専門家でつくる厚生科学審議会の部会で示した。

 健康寿命は世界保健機関(WHO)が00年に打ち出した概念。