Make your own free website on Tripod.com
上岡田医院アトピー性皮膚炎治療
アトピー治療の第一は環境改善から


アトピー性皮膚炎の診断法


A GUIDELINE FOR THE TREATMENT OF ATOPIC DERMATITIS

付表1

アトピー性皮膚炎の定義(概念)
「アトピー性皮膚炎は、増悪・寛解を繰返す、痒のある湿疹を主病変とする疾患であり、患者の多くはアトピー素因を持つ。」
アトピー素因:(1)家族歴・既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎のうちいずれか、あるいは複数の疾患)、または(2)IgE抗体を産生し易い素因。

アトピー性皮膚炎の診断基準
1. 文字
2. 特徴的皮疹と分布
(1)
皮疹は湿疹病変
急性病変:紅斑、湿潤性紅斑、丘疹、漿液性丘疹、鱗屑、痂皮
慢性病変:浸潤性紅斑・苔癬化病変、痒疹、鱗屑、痂皮
(2)
分布
左右対側性 好発部位:前額、眼囲、口囲・口唇、耳介周囲、
 頸部、四肢関節部、体幹
参考となる年齢による特徴
   乳児期 :頭、顔にはじまりしばしば体幹、四肢に下降。
 幼小児期:頸部、四肢屈曲部の病変。
 思春期・成人期:上半身(顔、頸、胸、背)に皮疹が強い傾向。
3. 慢性・反復性経過(しばしば新旧の皮疹が混在する)
乳児では2ヵ月以上、その他では6ヵ月以上を慢性とする。
上記1、2、および3の項目を満たすものを、症状の軽重を問わずアトピー性皮膚炎と診断する。
そのほかは急性あるいは慢性の湿疹とし、経過を参考にして診断する。

除外すべき診断   臨床型(幼小児期以降)
接触皮膚炎     
脂漏性皮膚炎 
単純性痒疹     
疥癬        
汗疹
魚鱗癬 
皮脂欠乏性湿疹
手湿疹
(アトピー性皮膚炎以外の手湿疹を除外するため)
  四肢屈側型     
四肢伸側型     
小児乾燥型     
頭・頸・上胸・背型
痒疹型
全身型
これらが混在する症例も多い

診断の参考項目   臨床型(幼小児期以降)
家族歴
(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、
 アトピー性皮膚炎)

合併症
(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎)
毛孔一致性丘疹による鳥肌様皮膚
血清IgE値の上昇
  眼症状(白内障、網膜剥離など) 
 :とくに顔面の重症例
カポジー水痘様発疹症
伝染性軟属腫
伝染性膿痂疹

▲ページトップへ


A GUIDELINE FOR THE TREATMENT OF ATOPIC DERMATITIS

付表3

薬 効
一 般 名
代表的な製品名
I群
ストロンゲスト
プロピオン酸クロベタゾール
酢酸ジフロラゾン
デルモベート
ジフラール、ダイアコート
II群
ベリーストロング
フランカルボン酸モメタゾン
酪酸プロピオン酸ベタメタゾン
フルオシノニド
ジプロピオン酸ベタメタゾン
ジフルプレドナート
ブデソニド
アムシノニド
吉草酸ジフルコルトロン
酪酸プロピオン酸ヒドロコルチゾン
フルメタ
アンテベート
トプシム、シマロン
リンデロンDP
マイザー
ブデソン
ビスダーム
ネリゾナ、テクスメテン
パンデル
III群
ストロング
プロピオン酸デプロドン
プロピオン酸デキサメタゾン
吉草酸デキサメタゾン
ハルシノニド
吉草酸ベタメタゾン
プロピオン酸ベクロメタゾン
フルオシノロンアセトニド
エクラー
メサデルム
ボアラ、ザルックス
アドコルチン
リンデロンV、ベトネベート
プロパデルム
フルコート、フルゾン
IV群
マイルド
吉草酸酢酸プレドニゾロン
トリアムシノロンアセトニド
ピバル酸フルメタゾン
プロピオン酸アルクロメタゾン
酪酸クロベタゾン
酪酸ヒドロコルチゾン
リドメックス
レダコート、ケナコルトA
ロコルテン
アルメタ
キンダベート
ロコイド
V群
ウィーク
プレドニゾロン
酢酸ヒドロコルチゾン
プレドニゾロン
コルテス

付表4

一 般 名
代表的な製品名
ワセリン
亜鉛華軟膏  
親水軟膏  
尿素含有軟膏 ウレパール軟膏、ケラチナミン軟膏
パスタロンソフト、パスタロン10ローション、 パスタロン20、 パスタロン20ソフト
ヘパリン類似物質軟膏 ヒルドイド軟膏、ヒルドイドソフト
アズレン軟膏 アズノール軟膏


Home | Cancer Checkups | Chronic Kidney Disease CKD | DM METABO CLUB | anti-aging dock | Meet the Doctors | Directions | Equipments | Our Services | Patient Resources 1 | Patient Resources2