Make your own free website on Tripod.com

ウィンドサーフィンについて

ジャイブが楽しいウィンドサーフィン    上岡田医院 小澤 龍司

開業医師の皆さんのなじみのスポーツといえばまずはゴルフでしょう。しかし最近は少し変わったようですが。現在の私は春夏秋の間はサーフィンに熱中しています。

まずウィンドサーフィンを紹介します。ヨットを思い出してください。ヨットのセール(帆)を小さくしてさらに船体を人間1人が乗れるくらいの小さなボードにして風の力で波の上を全速で自在に操るスポーツです。なぜこれが面白いか。広い海原をスピード出して蝶のように滑空するプレーニング、高速でターンするジャイブ。風が弱い時はクルージングして海上から海岸線を観光する。身近な海なら浜名湖周遊、三保の海岸、琵琶湖のあちこちで海からの広大な近江の米作地帯の景色を眺めると昔の戦国武将のこころが読めます。グアム、サイパン島の海も違った意味で面白い。しかしこのスポーツにも多少の危険があります。誰もいない大海でセールが折れて走れなくなったり、無風になって漂流したり、隠れた岩や流木に激突したり。天竜川河口から大雨の激流で洋上4時間の夜間漂流の遭難の目にもあいました。しかしスリルと緊張と頬をなでる風の快感で、なにもかも忘れてしまう。多少の危険とストレス状態は生きているという実感を与えてくれます。日本と世界各地のサーフィンゲレンデを走りまわると一つの世界が出来てきます。サーフィンワールドです。土日連休は在宅することはまずありません。すべてアウトドアです。自室に戻り鏡を見て自分の精神年齢が18歳だと気づき我にもどります。月曜日からはいつもの単調な仕事に戻り、患者さんからくるクレームはまるで微風です。 さて秋も終わり冬が近ずくとスノーボードのシーズンです。12月中旬から毎土曜日ナイターのスノーボードゲレンデめざして一直線です。スノーボードの急斜面のターンや雪盛りのエアーはわくわくします。  09.10.15記

全国サーフィンゲレンデLINK