Make your own free website on Tripod.com

甲状腺がんの種類

甲状腺がんは「乳頭がん」「濾胞がん」「髄様がん」「未分化がん」の4つのタイプがあります。

乳頭がんは甲状腺がんのうち9割を占めるがんで、女性に多く発生する。

40歳代〜50歳代の比較的若い人に多く発生します。乳頭がんのうち90%は性質のおとなしいタイプ(低危険度)なのですが、10%は遠隔転移や浸潤をする悪性度の高い(高危険度)ものもあります。

濾胞がん(ろほうがん)は甲状腺がんのうち5%程度を占めるがんで、やはり40歳〜50歳代の女性に多く発生します。生存率も遠隔転移が無い場合には乳頭がん同様の良好なものになります。

髄様がんは甲状腺がんの1〜2%程度の稀ながんで、他の甲状腺がんとはことなり、カルシトニンというカルシウムの代謝に関わるホルモンを分泌する甲状腺傍濾胞細胞ががん化して起こります。半数近くが遺伝的体質によるもので、その場合には同時に副腎の褐色細胞腫や副甲状腺の過形成などの病気を合併することがあります。悪性度は乳頭がんや濾胞がんと比べると悪くなりますが、未分化がんよりは良いとされています。

未分化がんは甲状腺がんの2〜3%程度と稀ながんですが、他の甲状腺がんとは比較にならないほど悪性度が高く、極めて急速にがんは進行し予後は不良。

 

甲状腺がん(癌)の症状

甲状腺がんは初期にはほとんど症状がありません。

喉にかたいシコリがでたり、リンパ節が腫れることもあります。

悪性度の高い未分化がんの場合には、炎症症状や発熱、疲労感、体重減少など全身症状を伴うことがあります。

喉にかたいシコリがでたり、リンパ節が腫れることもあります。

悪性度の高い未分化がんの場合には、炎症症状や発熱、疲労感、体重減少など全身症状を伴うことがあります。

【甲状腺がん(癌)の検査】

超音波検査

放射線の被爆なしに甲状腺の大きさや内部の様子、リンパ節腫大の様子を痛みなく診断することができます。がんかどうかのおおよその目安も付き、ごく小さな5ミリに満たないがんでも見つけることができます。

穿刺細胞診

注射針でがんが疑われる部分の細胞を採取し、顕微鏡で確認する方法で、確定診断ができます。

◆CT検査

◆MRI検査

シンチグラフィー

<血液検査>

------------------------------------------------------------------------------------------

現在のところ血液検査のみで甲状腺癌を発見することはできません。甲状腺のみで作られているサイログロブリンという物質は正常な人の血液中にもごくわずかに存在していますが、甲状腺に炎症や腫瘍が発生すると血液中に多く漏れ出してきます。ですから、血液検査でサイログロブリンが高値であることは、甲状腺に何らかの異常が起こっている証拠となります。このサイログロブリンは甲状腺の細胞から発生する乳頭癌や濾胞癌の細胞でも作られることが多い。


髄様がんの場合血液中のカルシトニンやCEAなどの腫瘍マーカーが上昇するためがんの診断が可能になります。

◆CEA 基準値 5.0ng/ml以下

CEAは甲状腺がん(髄様がん)、食道癌や胃がん、大腸がんなどの消化器癌のマーカーです。

カルシトニン 基準値 1586pg/ml以下

甲状腺から分泌されるペプチドホルモンで、血中カルシウム濃度を低下させる作用があります。甲状腺髄様癌にて値は高くなります。

::***血中サイログロブリン

 

 

上岡田医院検査案内Patient guide  動脈硬化メタボ研究Patient Resources2  上岡田医院:内科Patient Resources  上岡田医院癌検診
上岡田医院 糖尿病治療最前線 経口糖尿病薬  アンチエージングDOCanti-aging dock  上岡田医院癌検診
 上岡田医院喘息治療 成人      
       



甲状腺癌の知識

甲状腺疾患

良性の甲状腺腫瘍

甲状腺結節・腫瘍にはどんなものがあるの?

甲状腺結節・腫瘍の頻度は多く、健康な人でも詳しく調べれば10人中約3人の割合で甲状腺内の「シコリ」が見つかります。その多くは「腺腫様甲状腺腫」という良性のものです。もともと甲状腺が全体的に肥大しやすい性質があり、その結果、甲状腺の中に結節や液体の袋(嚢胞)がいくつもできてしまうものです。大部分は心配いりませんが、悪性の「シコリ」が若干生じやすいとされています。また、良性でも大きくなってきて自覚症状を伴うようになることもあるので、主治医の方と相談して、経過観察が必要といわれた場合は、定期的に医療機関に受診し、診察を受けて下さい。

甲状腺の良性腫瘍 > 腺腫甲状腺

 甲状腺に一個から数個のしこり(結節)ができる病気です。首のしこり以外には、何の症状もなく、痛みもないのが普通です。患者様がご自分で首のしこりを自覚したり、他人から首が腫れていると言われたりして、心配になり来院されることがほとんどです。

甲状腺腺腫

甲状腺の組織の中に、正常組織とはっきる境される腫りゅう(こぶ)が生じる病気です。甲状腺は、くびの前面の浅い部分にありますので、腫りゅうは、外部から触れることができます