Make your own free website on Tripod.com

上岡田医院

腰部脊柱管狭窄症の検査は、レントゲン、MRI、脊髄造影検査などを行います。
レントゲンでは、腰椎の変形が見られます。椎間板がいたみ、骨棘がみられます。
また、上下の腰椎にズレがあると、それだけ神経の通り道がせまくなります。
MRIでは、椎間板の状態、神経の圧迫がわかります。
また、腫瘍や細菌感染などの有無もはっきりわかります。
図は、正常な状態と腰部脊柱管狭窄症のMRI画像です。


腰部脊椎管狭窄症