Make your own free website on Tripod.com
肺がんの検診 上岡田内科医院 本文へジャンプ

検査案内


症状 咳 血痰 症状なし

レントゲン検査 診断に限界あり  CT MRI検査がおすすめ。

血液 腫瘍マーカー

シフラ21-1 SLX  CEA SCC NSE   (Pro)GRP

マーカーの種類と基準値。【CEA】5.0ng/ml以下・【CYFRA】2.0ng/ml以下・【ProGRP】46pg/ml未満・【NSE】10ng/ml以下【SLX】38U/ml以下・【SCC】1.5ng/ml以下

転移性肺がんは腫瘍マーカーは原発癌による

1)CEA
 ほかの臓器でもよく見られるマーカーです。肺がんの場合も高値を示すことがあります。肺がんの治療を行う際、CEAの値が治療の効果の指針になることもあります。
2)SCC
 扁平上皮癌ではよく見られるマーカーです。
3)SLX
 腺癌の場合に見られるマーカーです。
4)NSE
 小細胞癌で見られるマーカーです。やはり治療の効果の指針になります。
5)CYFRA21-1
 肺がんのときに高くなりますが、炎症性疾患でも高くなることがあります。有用な検査であるといえます。
6)ProGRP
 肺小細胞癌のときに高い値を示すマーカーです。これが高いと小細胞癌の可能性が高いといわれています。

CT

国立癌センターHOME PAGE より


徳島大学付属病院症例より


   Home | RA Collagen Diseases | Dementia | Cancer Checkups | Chronic Kidney Disease CKD | DM CLUB | anti-aging dock | Meet the Doctors | Directions | Equipments | Our Services | Patient Resources 1 | Patient Resources2